2019年06月26日

ジャパンネット銀行「100円BIG(ビッグ)」1等2億円当せん

ネットの記事を見ていたら
ジャパンネット銀行「100円BIG(ビッグ)」1等2億円当せん
という記事がありました。

私も、度々、ネットで
totobigを買うことがあります。

私の場合は、totobigのオフィシャルサイトで
クレジットカードを登録しての購入です。

私は、totobig、100円big、ビッグ1000を
ローテーションで買っています。

過去に何度か当たったことがありますが、
全て1000円単位の当選金です。

当選を確認するときに
どこで購入した人が当たったのかチェックもしていますが、
それを見ていると、
楽天totoや楽天銀行totoが
よく当たっているんですよね。

ここ1年はオフィシャルサイト購入での
当選者も増えてきていますが、
オフィシャルサイトより、
楽天totoや楽天銀行totoが
なんか多いのはなぜだろうと思うんですよね。

今回、ジャパンネット銀行からも
高額当選が出たという記事を見て、
子ういうことをふと思って書いてみました。
posted by ネット銀行を上手に使う at 16:16| ネット銀行関連ニュース

2019年05月15日

ネットバンキング利用は楽天銀行が1番多いの?

ネットで金融関係の記事を読んでいたら、
ネットバンキング利用のアンケート調査結果が載っていて
ネットバンキング利用が一番多いのは楽天銀行となっていました。

そして、「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」「三井住友銀行」と続いていました。

楽天銀行利用者がそれほど増えているという認識がなかったのですが、
これだけ多いので、GW明けに楽天銀行の回線が繋がりづらくなったのも腑に落ちました。

楽天銀行はイーバンクを買収して開始された銀行ですが、
イーバンク時代はそれほどの利用者は多くなかったと記憶しています。

楽天は証券もクレジットカードもあるし、
楽天市場もあるしで、
銀行があればそれらと連動できますので、
楽天銀行になってから口座開設者がグンと増えたのでしょうね。
タグ:楽天銀行
posted by ネット銀行を上手に使う at 22:00| ネット銀行関連ニュース

2019年03月27日

住信SBIネット銀行がMastercardブランドのデビットカード発行

住信SBIネット銀行がMastercardブランドの
デビットカードを2019年4月1日から発行するそうです。

今までは、VISAブランドのデビットカードだけだったのが、
MasterCardブランドも増えるので、
ユーザーの方は、好きなブランドを選べるということになりますね。

なんか感覚としてなのですが、
最近、クレジットカードにおいても、
MasterCardブランドが目立つようになってきたように感じます。

以前は、クレジットカードのウェブサイトにアクセスすると、
VISAブランドのカードが目についていたのですが、
今は、MasterCardブランドの方が目立つようになっているような気がします。

たぶん、アップルペイの日本でのサービス開始と連動している気がしています。

アップルペイとMasterCardは関係が良好のようですが、
VISAはそうでないみたいですからね。

住信SBIネット銀行のMasterCardブラントのデビットカードは、
Mastercardが提供する非接触IC型のMastercardコンタクトレスも採用しているそうです。

つまり、MsaTerCardの後払い型電子マネーです。

ちなみに、VISAの後払い型電子マネーはVISAタッチといいます。
posted by ネット銀行を上手に使う at 14:58| ネット銀行関連ニュース

2019年02月04日

おすすめのネット銀行

どこが一番お得?
というテーマでおすすめのネット銀行についての
記事が載っていました。

その記事で5つ星の最高評価を得ていたのは、
住信SBIネット銀行
楽天銀行
ソニー銀行
でした。

私は、一応、
ソニー銀行と楽天銀行の口座を持っています。

でも、楽天銀行はほぼ休止状態です。

確か、ヤアオク取引のために
イーバンク銀行時代に口座を作って、
ヤフオクをあまり使わなくなって
ある時からほとんど使わなくなったんですよね。

で、そのうち、楽天銀行になったのです。

楽天銀行になって使い勝手などは良くなったようですが、
利用する口座があまり多いのも管理が大変ということで
休止状態です。

ソニー銀行は使っています。

シルバーランクなので、
月3回まで他行振込手数料無料となっていることもあり、
今のところは使い続けています。

ソニー銀行はデビットカードの海外利用が最強ということで
評価が高くなっているようですが
私としては海外へ行くことがないので、
その点の評価は私自身はよくわからないです。
posted by ネット銀行を上手に使う at 10:22| ネット銀行関連ニュース

2018年11月30日

ローソン銀行も開業ですね

ネット銀行ではないですが、
コンビニのローソンも銀行業を開始しましたよね。

セブン銀行と同じように、
ATM手数料で稼ぐというビジネスモデルなのでしょうか。

ただ、銀行は今後ATMにかかる経費を削減しようという動きが活発になりそうで、
三菱UFJ銀行と三井住友銀行が、
たしか、ATMを共同で設置や管理を使用みたいな動きになっていますよね。

全体の収益が下がっているので、
ATMにかかっているお金を削減したいみたいです。

こういう動きが地方銀行にも波及して、
日本全体の銀行などの金融機関がATMの共同運営とか乗合とかをすすめていくと、
コンビニでの利用件数が減少し、
コンビニ銀行のビジネスモデル自体が危うくなる
という心配もあるようですよね。

それと、日本政府はやたらとキャッシュレスに力を入れているようなので、
もしキャッシュレス化が進むと、
ATMでお金を引き出すということ自体も減りますし、
そういう面からもコンビニ銀行のATM手数料で稼ぐという
ビジネスモデルは長く続かないかも?
タグ:手数料 ATM
posted by ネット銀行を上手に使う at 14:53| ネット銀行関連ニュース

2018年10月15日

イオン銀行が銀行リテール力1位に

日本経済新聞社と日経リサーチは共同で
調査している銀行リテール力調査、
今回は第14回で、
イオン銀行が初で総合1位になったようです。

イオン銀行の住宅ローンを借りると、
イオンでのお買い物の際に5%割引きになるなどの点が
主婦の方を中心に評価されてのことのようです。

私も、5年ほど前に、
住宅ローンを借りる機会があり、
その時にイオン銀行の住宅ローンに魅力を感じたものでした。

金利も低い上に、
イオンでの買い物がいつでも5%なのは
本当に魅力に感じたものでした。

私の家の近くにイオンはあるのですが、
イオン銀行の窓口はないのです。

イオン銀行の窓口のあるイオンへ行くには
車で1時間ほどかかります。

手続きの際に何度かは行かないといけないので、
それが面倒で、イオン銀行の住宅ローンはあきらめて、
地元の信用金庫で住宅ローンを借りたのでした。

家から近いイオンに
イオン銀行の窓口があれば
間違いなくイオン銀行で住宅ローンを借りていたと思います。
posted by ネット銀行を上手に使う at 14:07| ネット銀行関連ニュース

2018年07月28日

ソニー銀行のATM利用手数料

私はソニー銀行の口座を持っていて、
銀行口座からお金を引き出す時に、
ゆうちょ銀行のATMか、
セブン銀行、イオン銀行のATMか、
を使って引き出しています。

ゆうちょ銀行ATMは確か月4回まで無料で、
セブン銀行・イオン銀行は制限なしで何回でも無料だったと思います。

私は、基本的に、ソニー銀行口座からATMで引き出すことは少なく、
たいていは地元の銀行口座の方へ送金して、
その口座からATMで引き出すようにしています。

利便性から考えると、
ソニー銀行口座から直接ATMで引き出す方が
送金時の手数料がかからなくてすむのですが、
お金の管理を優先すると、
一度、地元の銀行口座へ送金して、
そこから使う分を引き出す方がよいのです。

それはそうと、
ソニー銀行のATM引き出し手数料が変更されるようですね。

今は、セブン銀行・イオン銀行ATMなら、
何回でも引き出し手数料が無料となってい目るのですが、
ランクのようなものが設けられて
そのランクによって無料引き出し回数が変わってくる
ということになるようです。

大手銀行や地方銀行も、
ATMの手数料無料を制限する方向に向かっていますよね。

国債保有さえしていれば金利で稼げていた幸福な時代が去り、
銀行もATM手数料を取らないと厳しくなりつつあるようですね。
posted by ネット銀行を上手に使う at 15:17| ネット銀行関連ニュース

2018年04月16日

ジャパンネット銀行が「JNB PayB」を開始

ジャパンネット銀行が
「JNB PayBというサーヒゼス」を開始したそうです。

「JNB PayB」とは、
税金や公共料金の支払いを
「コンビニ等払込票」をアプリのカメラで読み取ると、
即時にジャパンネット銀行の口座から引き落とされるサービスとのことです。

つまり、税金や公共料金の支払いのために
郵便局やコンビニへ行かなくても支払えるということです。

しかも、24時間いつでもOKとのこと。

この「JNB PayB」というアプリは便利そうですね〜。

スマホのアプリで決済するなどのサービスは広がりつつありますが、
「コンビニ等払込票」をアプリのカメラで読み取るだけで支払が完了するというサービスは
目新しくて、しかも、とても便利そうです。

私が利用している銀行でね導入してくれるとありがたいですね〜。

私は、ジャパンネット銀行に口座を持っていましたが、
もう何年間も口座へログインしていないし、
確か残高も数百円程度のはず。

いわゆる休眠口座になっています。

この「JNB PayB」を使うために
ジャパンネット銀行の口座を復活させようかなと思ったりします。

だけど、口座がちらばるのは管理が面倒なので、
復活はさせないと思いますが…。

私が利用する銀行もこのようなサービスを導入してくれることを望みたいですね。
posted by ネット銀行を上手に使う at 15:29| ネット銀行関連ニュース

2018年02月03日

ジャパンネット銀行をYahooが子会社化

Yahooはジャパンネット銀行を子会社化完了したようです。

私は、もう10年以上前に
ヤフオクの代金支払いのために
ジャパンネット銀行に口座を作りましたが、
ヤフオクを使うことが亡くなって以来、
ほとんど使っていなくて
休眠口座状態になっています。

ジャパンネット銀行からなにかの通知が来ていましたが、
口座維持とかにお金がかかるみたいになってから、
お金も入れていませんので、
今はどうなっているのか。

ただ、Yahooが子会社化したと言うことは
今後はYahooのサービスといろいろと連携されるかもしれませんし、
Yahooのヘビーユーザーの方は使い勝手が良くなるのかもしれませんね。

特に、ソフトバンクユーザーで、
Yahoo JAPANカードを持っている人なんかは、
Tポイントがお得に貯まるとか
Tポイントの現金かとか、
そういうサービスが充実されていくかもしれないですね。
posted by ネット銀行を上手に使う at 15:19| ネット銀行関連ニュース

2017年12月11日

デビットカードをアップルペイへ登録できる

先日知ったのですが
アップルペイやモバイルSuicaへ
デビットカードを登録できるようですね。

デビットカードといっても、
以前の「Jデビット」ではなく、
ここ数年増えた「JCB」や「VIASA」ブランドが付いた
デビットカードに限ります。

「JCB」や「VIASA」ブランドが付いているということは、
クレジットカードが使えるお店で使えるということですから、
当然、アップルペイにもモバイルSuicaにも登録できるというわけです。

デビットカードは大体、
16歳になると作ることができますから、
クレジットカードを作れない高校生でも、
アップルペイを使えるということになりますし、
モバイルSuicaでカードからのチャージができるということになります。

もっともポイント還元率が高いデビットカードは
楽天銀行のJCBブランドが付いたデビットカードで、
なんと1.0%の還元率で楽天スーパーポイントが貯まります。

ちなみに、楽天銀行のデビットカードでも、
VISAブランドのデビットカードはポイント還元率が0.2%ですので、
もし、楽天銀行でデビットカードを作るのでしたら
ブランド選びにご注意を。

「JCB」や「VIASA」ブランドが付いたデビットカードは、
都市銀行や地方銀行の一部でも発行しています。

しかし、ポイント還元率は0.5%か
0.25%と言う場合が多いようです。
posted by ネット銀行を上手に使う at 20:11| ネット銀行関連ニュース