2019年09月09日

ネット銀行のデビットカード

10月1日から消費税増税されるわけですが、
キャッシュレスでポイント還元されることもあり、
スマホ決済が注目を集めています。

しかし、スマホ決済は、
使えるお店がまだバラバラで
どのお店でどのスマホ決済が使えるのか
分かりづらくもあります。

なので、クレジットカードを持たない若い方は
デビットカードを使うといいのではないかと思うのです。

デビットカードは、
銀行口座があれば審査なしで作れるのです。

そしてネット銀行は、
ほぼどこのネット銀行も
デビットカードを発行しています。

楽天銀行、ジャパンネット銀行、
ソニー銀行、住信SBI銀行、
イオン銀行、セブン銀行、
思い浮かぶ銀行を列挙してみましたが、
これらの銀行はデビットカードを発行していますし、
デビットカード利用でも
クレジットカードのようにポイントが付きます。

ちなみに、
デビットカードでポイント還元率が高いのは、
楽天銀行のJCBデビットカードです。
posted by ネット銀行を上手に使う at 14:31| ネット銀行関連ニュース

2019年09月04日

ジャパンネット銀行 ペイペイ登録でボーナスプレゼント

ジャパンネット銀行が
ペイペイに登録すると
ペイペイボーナスをプレゼントする
キャンペーンをやっています。

期間は2019年9月30日まで。

ジャパンネット銀行口座を登録した人には、もれなく、
100円相当のPayPayボーナスをプレゼントということです。

ペイペイを利用するには、
チャージを現金、クレカ、
そして銀行口座からと、
好きな方法を選べるのですよね。

あと、セブン銀行ATMでも
現金でのチャージができるみたいです。

私は個人的にスマホに
金融機関情報を入れるのに抵抗感がありますので、
クレカ情報や銀行口座情報を登録しようとは思わないのです。

ですから、電子マネーを3種類使っていますが、
どれも現金でのチャージで使っています。
posted by ネット銀行を上手に使う at 21:05| ネット銀行関連ニュース

2019年08月31日

セブン銀行ATMでSuicaチャージで1000円プレゼント

セブン銀行ATMで
SuicaやPASMOの交通系電子マネーに
5000円以上のチャージをすると
抽選で1万名様へ1000円をプレゼントする
キャンペーンを開催中だそうです。

期間は9月1日0時から30日23時59分までとのこと。

キャンペーン参加には
エントリーが必要なので
お忘れないように。

ちなみに、Suicaは、
2019年10月1日からの消費税増税時に
ポイント還元参加事業者です。

PASMOはポイント還元には不参加のようです。
posted by ネット銀行を上手に使う at 14:19| ネット銀行関連ニュース

2019年08月29日

ローソン銀行の「ローソンPontaプラス」6%還元

ローソン銀行、ニュースでサービス開始を知っていましたが、
特に利用するメリットもないのでスルーしていました。

ローソンでATMを利用することがあれば
ローソン銀行ATMを使うことがあるかもしれないけれど、
それはセブンイレブンでセブン銀行ATMを使うのと同じで、
セブン銀行の口座を持っているわけではなく
既に使っている銀行のキャッシュカードで引き出しをするだけです。

ただし、普段、ローソンで買い物をする人なら、
ローソン銀行に口座を開設し、
ローソン銀行が発行するクレジットカード「ローソンPontaプラス」を持つと
とてもお得になるようです。

10月1日の消費税増税後になりますが、
ローソンでの買い物時に
「ローソンPontaプラス」で支払うと、
なんと最大で約6%ものポイントが貯まるようなんです!

ローソンのヘビーユーザーの方は、
ローソン銀行の「ローソンPontaプラス」を作るといいです。
posted by ネット銀行を上手に使う at 21:38| ネット銀行関連ニュース

2019年08月26日

ふくおかフィナンシャルグループの「みんなの銀行」

福岡銀行などを持つふくおかフィナンシャルグループが
ネット専業銀行を立ち上げるそうです。

地銀がネット専業銀行を開始するのは初ということです。

開業は来年の2020年度中とのこと。

ネット銀行はある程度の数がすでにありますから
後発組としては新機軸のサービスなりがないと
顧客獲得は難しいのではと危惧してしまいます。

ラインも銀行をはじめるというニュースもありましたし、
ネットサービス会社も金融サービスへの進出として
銀行業もしてくるはずですから
なおさら、地方銀行がネット銀行開業で
口座開設を増やしていくのは容易ではない気がするのですよね。

しかし、ふくおかフィナンシャルグループは、
勝算あっての参入でしょうから
地方銀行発のネット銀行だからこその何かかがあるかもしれず
期待して見守りたいというところもあれます。

posted by ネット銀行を上手に使う at 16:11| ネット銀行関連ニュース

2019年08月17日

ジャパンネット銀行が住宅ローン取り扱い開始

2019年7月30日から
ジャパンネット銀行が
住宅ローンの取り扱いを開始したそうです。

というか、このニュースによって
ジャパンネット銀行が住宅ローンを
取り扱っていなかったことを知ったくらいです。

変動金利は既存のネット銀行を下回る0.415%だそうで、
後発なので低い金利で顧客を獲得しないといけませんからね。

ということは、
今、住宅ローンを検討されている方は
ジャパンネット銀行だと金利が低いのでオススメかも。
posted by ネット銀行を上手に使う at 21:34| ネット銀行関連ニュース

2019年07月19日

住信SBIネット銀行がスマホで口座開設

住信SBIネット銀行がスマホで
口座開設ができるようになったとか。

オンラインで本人確認するシステムがあるみたいです。

スマホのカメラで
写真付き本人確認書類(運転免許証とか)や
本人の顔を撮影するだけで本人確認が完了するそうです。

クレジットカードのイオンカードも
本人確認書類をカメラで撮って
アップロードするという方法を採用していますが、
それをもう一歩か半歩すすめた感じの本人確認システムですね。

この本人確認システムは
他の金融機関やクレジットカード会社でも
採用されていくのではないでしょうかね。
posted by ネット銀行を上手に使う at 20:48| ネット銀行関連ニュース

2019年06月26日

ジャパンネット銀行「100円BIG(ビッグ)」1等2億円当せん

ネットの記事を見ていたら
ジャパンネット銀行「100円BIG(ビッグ)」1等2億円当せん
という記事がありました。

私も、度々、ネットで
totobigを買うことがあります。

私の場合は、totobigのオフィシャルサイトで
クレジットカードを登録しての購入です。

私は、totobig、100円big、ビッグ1000を
ローテーションで買っています。

過去に何度か当たったことがありますが、
全て1000円単位の当選金です。

当選を確認するときに
どこで購入した人が当たったのかチェックもしていますが、
それを見ていると、
楽天totoや楽天銀行totoが
よく当たっているんですよね。

ここ1年はオフィシャルサイト購入での
当選者も増えてきていますが、
オフィシャルサイトより、
楽天totoや楽天銀行totoが
なんか多いのはなぜだろうと思うんですよね。

今回、ジャパンネット銀行からも
高額当選が出たという記事を見て、
子ういうことをふと思って書いてみました。
posted by ネット銀行を上手に使う at 16:16| ネット銀行関連ニュース

2019年05月15日

ネットバンキング利用は楽天銀行が1番多いの?

ネットで金融関係の記事を読んでいたら、
ネットバンキング利用のアンケート調査結果が載っていて
ネットバンキング利用が一番多いのは楽天銀行となっていました。

そして、「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」「三井住友銀行」と続いていました。

楽天銀行利用者がそれほど増えているという認識がなかったのですが、
これだけ多いので、GW明けに楽天銀行の回線が繋がりづらくなったのも腑に落ちました。

楽天銀行はイーバンクを買収して開始された銀行ですが、
イーバンク時代はそれほどの利用者は多くなかったと記憶しています。

楽天は証券もクレジットカードもあるし、
楽天市場もあるしで、
銀行があればそれらと連動できますので、
楽天銀行になってから口座開設者がグンと増えたのでしょうね。
タグ:楽天銀行
posted by ネット銀行を上手に使う at 22:00| ネット銀行関連ニュース

2019年03月27日

住信SBIネット銀行がMastercardブランドのデビットカード発行

住信SBIネット銀行がMastercardブランドの
デビットカードを2019年4月1日から発行するそうです。

今までは、VISAブランドのデビットカードだけだったのが、
MasterCardブランドも増えるので、
ユーザーの方は、好きなブランドを選べるということになりますね。

なんか感覚としてなのですが、
最近、クレジットカードにおいても、
MasterCardブランドが目立つようになってきたように感じます。

以前は、クレジットカードのウェブサイトにアクセスすると、
VISAブランドのカードが目についていたのですが、
今は、MasterCardブランドの方が目立つようになっているような気がします。

たぶん、アップルペイの日本でのサービス開始と連動している気がしています。

アップルペイとMasterCardは関係が良好のようですが、
VISAはそうでないみたいですからね。

住信SBIネット銀行のMasterCardブラントのデビットカードは、
Mastercardが提供する非接触IC型のMastercardコンタクトレスも採用しているそうです。

つまり、MsaTerCardの後払い型電子マネーです。

ちなみに、VISAの後払い型電子マネーはVISAタッチといいます。
posted by ネット銀行を上手に使う at 14:58| ネット銀行関連ニュース