2019年12月02日

住信SBIネット銀行が住宅ローン取扱額5.5兆円を超えたそう

住信SBIネット銀行が
住宅ローン取扱額5.5兆円を超えたそうです。

私も6年前に
住宅ローンを借りるときに、
金利が低いということで
住信SBIネット銀行も候補の金融機関の
一つとして考えました。

ネット銀行の住宅ローン金利は低いので、
住信SBIネット銀行、ソニー銀行、
イオン銀行を候補として考えました。

結局は、お世話になっていた
地元の信用金庫にしたのですが。

金利が低いので、
住信SBIネット銀行住宅ローン取扱額が
増えているというのは分かります。
posted by ネット銀行を上手に使う at 13:18| ネット銀行の住宅ローン

2017年03月15日

住信SBIネット銀行がネット完結住宅ローン

住信SBIネット銀行が手続きをネットで完結できる
住宅ローンを開始するようですね。

私は地方の信用金庫で住宅ローンを借りましたが、
何枚もの書類に住所や氏名などを書いた記憶があり、
それが大変疲れたという記憶とともの残っています。

ネットなら、たぶん、1回住所や氏名を入力すれば、
その情報が必要な書類に自動で入力されるということになると思うので、
かなり楽になるのではないかと思います。

リアル店舗の銀行や信用金庫なども、
イチイチ何枚もの書類へ手書きで個人情報を書かせるというのはやめて、
iPadなどの端末を使って、
1回入力すればその個人情報を、
必要な書類に自動で入力されるようにすればいいんですよね。

できないことではないと思うんですがね。

所管する役所(財務省とか金融庁)がそういう進化を邪魔しているのでしょうかね。

なんでもIT化すればいいというものではないですが、
IT化によって効率的になったり便利になったりする部分は、
どんどんiT化を取り入れていけばいいとおもうんですよね。
posted by ネット銀行を上手に使う at 22:03| ネット銀行の住宅ローン

2017年01月26日

住信SBIネット銀行が新宿に実店舗

住信SBIネット銀行が新宿へ実店舗を開店するそうです。
住宅ローンの販売店として開店するみたいです。

私も住宅ローンを組む経験をしましたが、
やはりネット銀行だと対面で相談や説明を聞けないところが
ちょっと不安だったりするんですよね。

ネット銀行の住宅ローンは金利が低いので魅力なのですが、
やはり対面での相談をしてみたいと思う点などもあり、
私は、結局は、地元で親切に相談に乗ってくれた地元の信金で住宅ローンを借りることにしました。

金利は多少高かったですが、
それでも10年固定金利で1.61%と低かったのです。

その当時、ネット銀行で最も低かったのは、
確か1.2%前後でした。

0.4%位しか違わないですし、
金利を含めた支払総額もそれほど違わなかったこともあり、
この程度の差なら親切な地元の信金にしようと決めたのでした。

ですので、住宅ローン金利が業界随一低い住信SBIネット銀行が、
相談窓口として実店舗を出すのは、
相談して決めたいという需要に応える店舗となるのではないかと思います。
posted by ネット銀行を上手に使う at 21:44| ネット銀行の住宅ローン

2015年12月15日

住信SBIネット銀行住宅ローン金利が10年固定で0.84%

久しぶりに住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利を見てみたら、
なんと、10年固定で0.84%ではないですか!

いつのまに、1.0%を割ってこんな低い金利になつていたのでしょう。

私が借りている地元の信金の住宅ローンの金利は、
10年固定で1.6%ですので、住信SBIネット銀行の金利は半分ということになります。

この差は大きいです。

私が住宅ローンを借りた時は、
住信SBIネット銀行の10年固定は確か1.3%位でしたので、
1.6%でもそれほど違わないからいいか、
いつもいろいろとお世話になっている地元の信金で借りようと思って借りたんですよね。

でも、今の住信SBIネット銀行の0.84%は低すぎるというか、
その金利の低さに乗り換えを検討してもいいのかも? と思っちゃいます。

当時、住信SBIネット銀行と同じくらい金利が低くて魅力を感じたイオン銀行の住宅ローンは
現在、10年固定で1.10%です。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利の低さがいかに低いことか!
posted by ネット銀行を上手に使う at 11:24| ネット銀行の住宅ローン

2015年06月18日

住信SBIネット銀行の住宅ローン借り換えキャンペーン

住信SBIネット銀行が住宅ローンの
借り換えキャンペーンを行っています。

住信SBIネット銀行は住宅ローンの借り出し額を順調に伸ばしていますが、
その理由は金利の低さです。

やはり借りる側としては、
金利が低いにことたことはありませんからね。

特に、住宅ローンは借りる金額が大きいので、
金利がわずか違うだけでも
返す総額が大きく違ってきますので、
0.01%でも低い方が借りる方にとっては大きくお得ですからね。

その金利の低さで住宅ローン貸出を増やしている
住信SBIネット銀行が住宅ローンの借り換えキャンペーンをしていて、
借り換えた人には1万円現金をプレゼントしているそうです。

キャンペーン期間は、6月15日から9月30日までです。

住宅ローン金利が高い時期に借りた人は、
金利が低くなっていますので借り換えを検討してみるといいですよ。
posted by ネット銀行を上手に使う at 16:15| ネット銀行の住宅ローン

2015年01月17日

住信SBIネット銀行住宅ローン、固定金利5年が年0.49%

住信SBIネット銀行の固定金利5年住宅ローンの年利が0.49%としたそうです。

<Mr.住宅ローン>特別金利キャンペーンとうことで
1月5日(月)〜3月31日(火)に借り入れされた方ということです。

住信SBIネット銀行に限らず、
銀行等の金融機関の住宅ローン金利は史上最低の金利が続いていますよね。

日銀が金融緩和政策をとっていることと
住宅着工数が低迷していることもあって
住宅ローンの金利は借りる側にとってはうれしい低金利が続いています。

でも、たぶん、あまり遠くない将来、
今の低金利がいずれ反転するのではないかと思うのですが、
ちがうでしょうか?

もし、ここ数年の間に住宅を建てたりマンション購入の予定があるのなら、
なるべく早く、今の低金利が続いているうちに予定を実行するのが良いのでは。

といいつつ、もう少し、住宅ローンの金利は下がるのかもしれませんが。

しかし、もう金利を下げる余地もなくなりつつあるのでは。
posted by ネット銀行を上手に使う at 21:30| ネット銀行の住宅ローン

2014年12月23日

急成長するネット銀行の住宅ローン

JDパワーによると、住宅ローンの顧客満足度調査で、

1位がソニー銀行
2位が住信SBIネット銀行

となったそうです。

私が、昨年、住宅ローンを借りるときにも、
金利が低いということや繰り上げ返済などの自由度が高いので、
ネット銀行を検討しました。

(結局はお世話になっている地元の信金から借りましたが)

私が検討したのは、ソニー銀行、住信SBI銀行、
そしてイオン銀行でした。

で、もっとも注目したのは、私はイオン銀行でした。

金利が低いのはもちろんですが、
住宅ローンを借りると、
5年間はいつでもイオンでの買い物が5%割引きとなる特典です。

我が家から一番近いスーパーがイオンなので、
イオンにはしょっちゅう買い物に行くので
この5年間5%割引きはとても魅力的でした。

これから住宅ローンをお考えの方や、
住宅ローンの借り換えを検討している方には
ネット銀行はおすすめかも。
posted by ネット銀行を上手に使う at 14:52| ネット銀行の住宅ローン

2014年11月28日

住信SBIが住宅ローン借り換えで1万円キャンペーン

住信SBIネット銀行が、住宅ローンを借り換えで、
現金1万円をプレゼントするキャンペーンをしているようですね。

キャンペーン期間は12月1日から2015年2月27日までです。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利は
たしかもっとも低い金利なはずです。

10年固定で1.06%、5年固定で0.67%、
20年固定でさえ1.59%というかなり低い金利になっています。

ですから、10年くらい前の今より高い金利で借りた方で、
支払い期間がまだ5年以上残っている方は、
住信SBIネット銀行の金利が低い住宅ローンに借り換えてみることを検討してもいいのかも。

住宅ローンの残高もまだけっこう残っていて、
支払い期間も5年以上の方は、
シミュレーションで借り換えでどくくらい
支払総額が少なくなるか確かめてみるといいです。
posted by ネット銀行を上手に使う at 21:47| ネット銀行の住宅ローン

2014年08月27日

住宅ローン金利が過去最低に

ネット銀行や大手銀行などが9月の住宅ローンの金利を発表しましたが、
過去最低水準の金利になるようですね。

借り手にとってはこの低金利はうれしい限りですよね。

三菱東京UFJ銀行は10年固定で1.2%という低さですし、
三井住友信託銀行は1.0%です。

私は昨年借りましたが、
10年固定で1.61%でした。

三井住友信託銀行の1.0%とは0.61%違います。

0.61%の違いは、返済総額で計算したらけっこうな額になるかも。

借り換えを検討してみたいという気持ちになりますが、
地元のお世話になっている信用金庫で借りましたので、
そんなに軽々に借り換えはできないかな…。

それと、住宅ローンを借りるときにいろいろちょっと調べて、
私的におすすめの住宅ローンはイオン銀行かな。

近くにイオン銀行の窓口がなかったので近くの信金にしましたが、
イオン銀行の住宅ローンは金利は低いし、
そのうえ、イオンでの買い物は住宅ローンを借りてから5年間は毎日5%割引きになるんですよ。

この毎日5%割引きはかなりの魅力的なお得だと思うんですよね。
posted by ネット銀行を上手に使う at 20:47| ネット銀行の住宅ローン

2014年06月23日

イオン銀行住宅ローン金利が0.57%

ここにきて、住宅ローンの金利がまた下がっているようですね。

消費税増税前の住宅建設の駆け込み需要が終わり、
住宅購入が減っているという理由もあるようです。

住宅購入が減ると住宅ローンを組む人も減りますし。

それと、高い金利の時に借りた人たちからの
住宅ローン乗り換えも期待してのことのようです。

イオン銀行は変動型で0.57%になっているそうです。

住宅ローンの金利が低い住信SBIネット銀行よりも低くなっているのではないでしょうか。

それと、イオン銀行の住宅ローンの良いところは
金利が低いうえに、
イオンやマックスバリュでの買い物は、
毎日5%割引きになることです。

5%割引きでずうっと買い物ができると
かなりの節約になりますからね。

posted by ネット銀行を上手に使う at 21:16| ネット銀行の住宅ローン

2014年05月03日

住信SBIネット銀行の住宅ローンの伸び

住信SBIネット銀行の住宅ローンの取扱額が1兆8000億円を超えたそうです。

なんといっても住信SBIネット銀行の住宅ローンは
その金利の低さが魅力ですからね。

10年の固定金利は1.23%、
20年の固定金利でさえ1.86%の低さです。

それと、住信SBIネット銀行は
三井住友信託銀行のネット専用住宅ローンも取り扱っていて、
こちらの金利はさらに低く、
10年の固定金利は1.21%、
20年の固定金利は1.76%です。

これだけ低いと他の銀行で住宅ローンを契約したいと思わないですよね。

この低い金利に対抗できているのは、
イオン銀行の10年固定金利1.25%くらいではないでしょうか。

イオン銀行は住宅ローンを契約すると、
5年間はイオンでの買い物は常に5%割引きという特典もありますので、
イオン銀行の住宅ローンも魅力なんですよね。

私は地方に住んでいるので、
住宅ローンは行員と顔なじみの地元信用金庫から借りましたが、
イオン銀行の窓口が近くのイオンにあったとしたら
たぶん、イオン銀行で借りたと思います。
posted by ネット銀行を上手に使う at 17:58| ネット銀行の住宅ローン

2014年03月22日

住宅ローンの顧客満足度

住宅ローンを借りた人へ
顧客満足度調査をしたところ、
担当者の対応等では信金や信組が評価が高く、
金利や手数料ではネット銀行への評価が高かったそうです。

私自身、住宅ローンを借りるとき、
まずは金利が低いネット銀行で借りること考えました。

具体的にはソニー銀行です。
以前からソニー銀行を使っていましたし、
金利もまあまあ低かったからです。

金利の低さ付帯サービスを考えれば
住信SBI銀行やイオン銀行なのですが、
新たに口座を開設するのが面倒に感じ、
ソニー銀行と考えたのです。

しかし、ネット上でのやり取りが主ですから、
何かとフラストレーションを感じ、
以前からお付き合いがある結局地元の信用金庫にしました。

確かに担当者も親切で親身でしたし、
多少金利が高くても気持ちよく借りることができましたので満足でした。

ですので、金利の低さ最優先の方はネット銀行が良いと思いますし、
担当者が親切だったり親身だったりと相談に乗ってくれるの望むのでしたら
信金や信組など利用すると良いのではないかと思います。

-------------------------------------------------

J.D.パワー アジア・パシフィックは4日、「2014年日本住宅ローン顧客満足度調査(契約編)」の結果を発表した。

住宅ローン契約時の満足度を部門別に見ると、特にコミュニティバンク(労働金庫、信用金庫、信用組合、JAバンク)や新形態銀行(ネット銀行やその他新形態の銀行)の満足度が高い傾向にあることが判明。

労働金庫は「各種手数料」、信用金庫・信用組合は「担当者」「契約後のフォロー・アドバイス」、JAバンクは「店舗施設」、新形態銀行は「金利」「各種手数料」「付帯サービス」への評価が特に高く、業種により強みが異なっていることがうかがえる。

(マイナビニュース-2014年3月4日)
-------------------------------------------------

タグ:顧客満足度
posted by ネット銀行を上手に使う at 13:13| ネット銀行の住宅ローン

2014年02月19日

住信SBIネット銀行の住宅ローン、変動金利0.650%に引下げ

住信SBIネット銀行は住宅ローンの取り扱い数を増やしていますよね。

住信SBIネット銀行の住宅ローンは
金利が業界で一番低いということが、
取り扱い数の増加の理由です。

その住宅ローンの金利をさらに下げて、
変動金利を0.650%に引下げたそうです。

私は地方の信用金庫で10年固定の住宅ローンを使っています。

なぜ10年固定を選んだかというと、
今後、10年間の間に金利上昇局面がくるのではないかと考えているからです。

金利だけを見ると金利が断然低い変動金利の住宅ローンの方が良いのですが、
変動による金利上昇があった場合のリスクを避けたかったからです。

ただ、今後、10年以上にわたって現在の低金利が続けば、
私は金利面でだいぶ損をするということになりますから、
住宅ローンを借りる際に変動金利か固定金利かは個々の考え方となりますよね。

--------------------------------------------

住信SBIネット銀行はこのたび、2月の「Mr.住宅ローン」変動金利(通期引下げプラン)を年0.650%に引下げた(変動金利の引下げ幅を従来の年 -2.105%から年 -2.125%に拡大)。

「Mr.住宅ローン」は魅力的な金利以外にも、繰上げ返済のしやすさ、団体信用生命保険・8疾病保障に加え、交通事故等のケガや地震への保障が充実しており、多くの顧客から好評を得ているとしている。

(マイナビニュース-2014年2月5日)
--------------------------------------------

posted by ネット銀行を上手に使う at 15:54| ネット銀行の住宅ローン