2014年05月27日

突然死んだらネット銀行のお金は…

突然死んだらネット銀行に預金しているお金はどうなる、
という記事を見て、ちょっと考えてしまいました。

自分がネット銀行に預金をしていることを知らせていないと、
残された家族はその口座の存在を知らないままとなるのでしょうか?

死亡届が市町村へ出された時点で
口座が凍結されるということですので、
家族になんらかの知らせが届くのでしょうか。

ですから、家族にネット銀行を利用していることを知らせておく、
そのネット銀行のログインIDやパスワードも分かる形で用意しておく
ということなどが必要なようです。

また、ネット証券はネット銀行より心配な点が強く、
家族がネツト証券での取引を知らないとそのままになってしまう可能性もあるようです。

また、IDやパスワードが分からない場合、
相続するのに1ヶ月以上も時間がかかってしまうそうです。

いずれにしろ、家族に分かるような形で、
取引しているネット銀行やネット証券のIDとパスワードなどをメモしたものなどを
机の引き出しなどに置いておく必要がありそうです。
posted by ネット銀行を上手に使う at 14:58| ネット銀行関連ニュース

2014年05月03日

住信SBIネット銀行の住宅ローンの伸び

住信SBIネット銀行の住宅ローンの取扱額が1兆8000億円を超えたそうです。

なんといっても住信SBIネット銀行の住宅ローンは
その金利の低さが魅力ですからね。

10年の固定金利は1.23%、
20年の固定金利でさえ1.86%の低さです。

それと、住信SBIネット銀行は
三井住友信託銀行のネット専用住宅ローンも取り扱っていて、
こちらの金利はさらに低く、
10年の固定金利は1.21%、
20年の固定金利は1.76%です。

これだけ低いと他の銀行で住宅ローンを契約したいと思わないですよね。

この低い金利に対抗できているのは、
イオン銀行の10年固定金利1.25%くらいではないでしょうか。

イオン銀行は住宅ローンを契約すると、
5年間はイオンでの買い物は常に5%割引きという特典もありますので、
イオン銀行の住宅ローンも魅力なんですよね。

私は地方に住んでいるので、
住宅ローンは行員と顔なじみの地元信用金庫から借りましたが、
イオン銀行の窓口が近くのイオンにあったとしたら
たぶん、イオン銀行で借りたと思います。
posted by ネット銀行を上手に使う at 17:58| ネット銀行の住宅ローン