2014年02月19日

住信SBIネット銀行の住宅ローン、変動金利0.650%に引下げ

住信SBIネット銀行は住宅ローンの取り扱い数を増やしていますよね。

住信SBIネット銀行の住宅ローンは
金利が業界で一番低いということが、
取り扱い数の増加の理由です。

その住宅ローンの金利をさらに下げて、
変動金利を0.650%に引下げたそうです。

私は地方の信用金庫で10年固定の住宅ローンを使っています。

なぜ10年固定を選んだかというと、
今後、10年間の間に金利上昇局面がくるのではないかと考えているからです。

金利だけを見ると金利が断然低い変動金利の住宅ローンの方が良いのですが、
変動による金利上昇があった場合のリスクを避けたかったからです。

ただ、今後、10年以上にわたって現在の低金利が続けば、
私は金利面でだいぶ損をするということになりますから、
住宅ローンを借りる際に変動金利か固定金利かは個々の考え方となりますよね。

--------------------------------------------

住信SBIネット銀行はこのたび、2月の「Mr.住宅ローン」変動金利(通期引下げプラン)を年0.650%に引下げた(変動金利の引下げ幅を従来の年 -2.105%から年 -2.125%に拡大)。

「Mr.住宅ローン」は魅力的な金利以外にも、繰上げ返済のしやすさ、団体信用生命保険・8疾病保障に加え、交通事故等のケガや地震への保障が充実しており、多くの顧客から好評を得ているとしている。

(マイナビニュース-2014年2月5日)
--------------------------------------------

posted by ネット銀行を上手に使う at 15:54| ネット銀行の住宅ローン