2013年08月30日

クレジットカードの作り方.net

※相互リンクをしていただいているサイトの紹介です。

「クレジットカードの作り方.net」さんは、
サイト名のとおりクレジットカードをこれから作られる方むけに、
クレジットカードの申し込み方法から、使い方、
そして自分に合ったクレジットカードの選び方まで紹介されているサイトです。

人生で初めてクレジットカードを作られる学生さんや新社会人の方には、
ポイントなどかお得に付く学生・若者向け限定発行のクレジットカードがあるそうですので、
そういうクレジットカードで作るといいそうです。

また、現在お持ちのクレジットカードに不満がある方などには、
自分で利用機会が多いシーン別でクレジットカードを選ぶことを薦めており、
流通系や航空会社系、あるいは電子マネーにチャージできるクレジットカードなどを掲載して説明してらっしゃいます。

クレジットカードをこれから作る方や、
今所有するカードとは別にお得なクレジットカードを作ることを考えている方は、
こちらのサイト⇒「クレジットカードの作り方.net」をご参考になられてみては?
posted by ネット銀行を上手に使う at 13:43| 相互リンクのサイト

2013年08月22日

ネットバンク不正被害は「預金者保護法」対象外

ネット銀行に限らず、
ネットバンキングを利用されている方は
不正利用に注意をしている方は多いと思いますが、
ネットバンキングで不正利用された被害に対しては、
元来「預金者保護法」は対象外なのだそうです。

でも、現在は、各銀行は、
ネットバンキングの不正利用による被害に対しては
被害額をほぼ補償しているとのこと。

ネットバンキングの不正利用は、
ウィルスをもぐりこませてというステップを踏むようですので、
基本的にPCやスマホにウィルスソフト導入して常に最新の情報にアップデートしておくこと、
そして偽装メールに記載されているURLをクリックしないこと、
それにのむことで大体は防げるのではないでしょうか。

---------------------------------------------

「預金者保護法」(18年施行)は、偽造キャッシュカードによる不正引き出しや通帳盗難などで、過失がない預金者の被害を金融機関が負担する法律だが、全銀協はネットバンキングの不正送金について、対象外という認識だ。

 ただ、全銀協は20年2月、ネットバンキングの不正送金被害について、預金者に過失がない場合は全額を補償し、過失があった場合も、過失度合いなどを考慮して個別に対応することを申し合わせている。

 実際、全銀協会員である金融機関が、不正送金の被害者に対して対応を決定した全件数のうち、補償を行った件数の割合(補償率)は、23年度が96.5%、24年度が91.7%、と、決して低くはない。

(ITmedia-2013年8月22日)
--------------------------------------------
posted by ネット銀行を上手に使う at 15:45| ネット銀行関連ニュース