2013年03月02日

住信SBIネット銀行住宅ローン、1兆3,000億円突破

住信SBIネット銀行の住宅ローン取扱額が
1兆3,000億円を突破したとのことです。

住信SBIネット銀行の住宅ローンは
他行と比較して金利が安いこともあり
人気となっていますよね。

来年の消費税増税前に
住宅の購入を考えている人は多いと聞きますし、
アベノミクスの影響で金利が多少上がるのではないかとも言われていますので、
今年の住宅購入件数は伸びると思いますし、
それに伴って住宅ローン利用者も増えるのでしょうね。

住宅ローンは金額が多くなりますから
わずかな金利の差も
支払い総額を計算するとかなりの違いになります。

ですから、金利の低さを重視し
住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用する方は
今後も増えていくのでは。

-----------------------------------------

住信SBIネット銀行株式会社は、2月22日(金)時点において、住宅ローン取扱額(※)が1兆3,000億円を突破したと発表した。

住信SBIネット銀行では、平成24年10月1日(月)より開業5周年特別企画として、「ネット専用住宅ローン」の固定金利特約タイプの一部において引下げ幅を拡大している。特に固定金利特約タイプ3年(当初引下げプラン)を選択した場合、当初3年間の引下げ幅は年▲1.85%、特約期間終了後に変動金利を選択した場合の引下げ幅も年▲1.8%と魅力的な条件のため好評がある。

(SUUMO ジャーナル‎ - 2013年2月25日)
-----------------------------------------
posted by ネット銀行を上手に使う at 16:46| ネット銀行関連ニュース