2011年02月22日

住信SBIネット銀行、100万口座を突破

ネット専業銀行の住信SBIネット銀行が
口座開設数が100万を超えたそうです。

ATMの利用においての低コスト、
金利が低い住宅ローンの提供などが評判で
口座数を伸ばしているのは聞いていましたが、
わずか3年で100万口座を超えたとのこと。

私の周辺でも住信SBIネット銀行に口座を開設している人が増えています。

私はネット銀行ではソニー銀行を主に使っているのですが、
こういう話を耳にすると住信SBIネット銀行へも口座を開こうかなと考え始めるところがあります。

ちなみに、ジャパンネット銀行と楽天銀行にも口座を持っていますが、
こちらはほとんど休眠状態です。

-----------------------------------------

住信SBIネット銀行は14日、2011年2月10日時点の口座数が100万口座を突破したと発表した。

同社は、2007年9月24日の営業開始以来、「好金利の預金商品および各種ローンならびに、提携ATM利用の際の手数料無料などの各種サービスの提供をはじめ、リアルタイムレートでお取引可能な外貨預金など、24時間365日利用可能なインターネット・フルバンキングならではの使いやすさ、便利さを追求してきた」とし、その結果、「開業から約3年半で口座数が100万口座を突破した」(住信SBIネット銀行)。

(マイコミジャーナル - ‎2011年2月14日‎)
-----------------------------------------

posted by ネット銀行を上手に使う at 16:00| ネット銀行関連ニュース

2011年02月10日

ジャパンネット銀行がはじめての投資信託キャンペーン

ジャパンネット銀行がはじめて投資信託を購入する人を対象として、
抽選で3000円をプレゼントするキャンペーンをしているようですね。

ネットで投資信託の購入といえばネット証券会社を思い浮かべますが、
最近ではネット専業銀行以外でもネットバンキングで投資信託を購入できるようになっていて、
取扱本数も増えています。

投資信託を証券会社で購入するのもいいのですが、
ネット銀行で購入すれば銀行口座で投資信託も管理できるので、
管理がしやすいという利点があると個人的には思います。

証券会社に口座を作るのが面倒だなと思う方は、
既に口座を持っている銀行やネット銀行で投資信託を購入しては。

--------------------------------------

ジャパンネット銀行は7日、投資信託未経験の人へ向けてはじめての投資信託取引を応援するキャンペーン『はじめての投信キャンペーン』を開始した。

ジャパンネット銀行によると、同社が行った調査の結果、投資信託未経験の顧客が最初に購入するファンドとして、販売手数料無料のノーロードファンドを購入した人が多くいたという。今回同社では、5つのノーロードファンドのうちいずれかを購入した顧客の中から、抽選で100人に3,000円をプレゼントする。

対象者は、JNB投資信託口座を保有する個人の顧客で、対象ファンドは、「損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)」「グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型)」「DLIBJ公社債オープン(短期コース)」「日経225ノーロードオープン」「STAM 新興国株式インデックス・オープン」となっている。

(マイコミジャーナル - ‎2011年2月7日‎)
--------------------------------------

posted by ネット銀行を上手に使う at 17:11| ネット銀行関連ニュース