2010年12月28日

住信SBIネット銀行が外貨預金手数料の値下げ

住信SBIネット銀行が外貨預金の手数料を値下げしたようです。

1ドル片道9銭とすることで、
業界で最安値の手数料となったようです。

しかしながら、将来的に円安に戻ったときに
円に換えて利益を得たいのでしたら
FXでドルやユーロを買った方が
断然手数料が安くつきます。

今でしたら1ドルを購入するのに
1銭もかからないFX業者がかなりありますから。

外貨購入手数料は、
FXの場合スプレッドにあたります。

ですから、FX業者のホームページで
ドル円のスプレッドを確認すれば銀行の手数料と比較して
格段に安いことが分かるはずです。

マネックス証券FXは外貨預金をFXでという方向けに
レバレッジ1倍コースを設けていますので
マネックスFXで外貨を購入して所有してみても良いのでは。

----------------------------------------

住信SBIネット銀行は17日、外貨預金の対円での取引手数料を20日から引き下げると発表した。米ドルでは1ドル当たり片道9銭(従来20銭)と業界最低水準になる。このほか、ユーロで15銭(同20銭)、豪ドルで40銭(同50銭)などとする。

(時事通信 - ‎2010年12月17日‎)
-----------------------------------------

posted by ネット銀行を上手に使う at 15:16| ネット銀行の外貨預金

2010年12月15日

住信SBIネット銀行が預入期間延長型円仕組預金「プレーオフ」を

住信SBIネット銀行が預入期間延長型円仕組預金「プレーオフ」という
商品を提供するようです。

預入期間延長型円仕組預金というものを私ははじめて知ったのですが
定期は預金の満期日を延長する権利を、
預金者ではなく住信SBIネット銀行側へ付与する代わりに
金利を高くしてくれるということのようです。

満期を延長する権利、つまり決定権を銀行側へ譲るということに近いので、
当分の間使う予定のない余剰的なお金を高金利になるのなら預けてみようか、
という感覚で利用するといいのでは。

-----------------------------------

住信SBIネット銀行株式会社は、平成22年12月16日(木)から、預入期間延長型円仕組預金「プレーオフ」の取扱いを開始しますのでお知らせいたします。

1.「プレーオフ」とは
 この預金は、当社が満期日の延長を決定した場合には、預入期限が当初満期日から延長後満期日まで延長される仕組預金です。当社の判断で預入期限を延長する権利をお客さまから当社に付与していただく代わりに、好金利を実現させた円仕組預金となります(※)。
 また、満期日までお預けいただくことで円元本が保証される商品となっております。

※この預金の預入期間の延長については、当社が決定いたします。
※この預金は、原則として中途解約はできません。

●第1回募集期間:平成22年12月16日(木)〜平成23年1月3日(月)
  (預入日は平成23年1月6日(木)となります)

●第1回預入期間:「1年または2年満期タイプ」もしくは「1年または5年満期タイプ」

(日本経済新聞 (プレスリリース) - ‎2010年12月14日)
----------------------------------------------------------


posted by ネット銀行を上手に使う at 00:26| ネット銀行関連ニュース

2010年12月02日

楽天ステップアップ預金

楽天銀行は金利がステップアップする
「楽天ステップアップ預金」というものを取り扱っているようですね。

最長8年の定期預金で、
預ける年数が経過するごとに
金利が高くなっていく預金なのだそうです。

当初3年までは0.35%の金利なのですが、
その後は1年ごとに金利がステップアップしていき、
8年目には1%の金利になるようです。

1%といつても100万円を預けても
1万円の利子がつくだけですから
それほどでもない気はしますが、
昨今の銀行預金の利子の少なさを考えれば、
1%でも高い金利ということになりますね。

---------------------------------------

楽天銀行株式会社(以下、楽天銀行)は、2010年11月29日から、インターネット専業銀行として初めて、一定期間経過後、金利がステップアップする『楽天ステップアップ預金』の取扱いを開始している。

同商品は、通常の定期預金よりも金利が高く、最長8年間預け入れすることができる定期預金で、同行の判断により満期日が繰り上がる特約が付いているというもの。

また、3年後を初回として以降、1年毎(中間利払日)に8年後(当初満期日)まで、合計6回の利息金を受取ることができ、4年目以降は毎年金利がステップアップする。

ただし、同行が満期の繰上を決定した場合には、預入期間が繰上満期日(3年後、4年後、5年後、6年後、7年後のいずれか)まで短縮され、利息金の受取回数は、1回から5回までのいずれかになる。

(スポットライト - ‎2010年11月29日‎)
---------------------------------------
posted by ネット銀行を上手に使う at 16:05| ネット銀行関連ニュース