2010年09月22日

住信SBIネット銀行が投信購入キャンペーンを

住信SBIネット銀行が投資信託購入者を対象に
最大5000円のプレゼントキャンペーンをはじめたようですね。

投資信託を10万円分購入すると1000円をプレゼントし、
最大5000円までプレゼントしているようです。

住信SBIネット銀行で販売する投資信託は
SBI証券で販売する投資信託となっているので
取扱本数もかなり多いのではないでしょうか。
住信SBIネット銀行に口座を持っている方で
投資信託の購入を検討している方は
このキャンペーンを利用してみるのも良いかもですね。

----------------------------------------------

【キャンペーン概要】

1.キャンペーン期間
平成22年9月21日(火)〜平成22年11月30日(火)約定分

2.キャンペーン内容
期間中に、SBI証券にて対象となる投資信託を合計10万円以上買付けると、約定金額合計10万円毎に現金1,000円をプレゼントします。ただし、プレゼント金額は一人あたり最大で5,000円(約定金額合計50万円以上の場合)とします。

3.対象となるお客さま
金融商品仲介口座をお持ちのお客さま(口座開設の時期は問いません)
※金融商品仲介口座とは、住信SBIネット銀行を経由してSBI 証券で開設した口座をいいます
※法人のお客さまは金融商品仲介口座を開設できません

4.対象となる投資信託
SBI証券でお取扱いしている投資信託(ただし、MRF、MMF、外貨建MMF、中期国債ファンド、上場投資信託(ETF、海外ETF、J-REIT等)は除く)

(CNET Japan - ‎2010年9月20日‎)
--------------------------------------------------

posted by ネット銀行を上手に使う at 16:45| ネット銀行関連ニュース

2010年09月08日

ソニー銀行が外貨預金キャンペーン

ソニー銀行が現在の円高に対応する形で
外貨預金の手数料を引き下げるキャンペーンを行っているようです。

私は外貨預金に対してはあまり詳しくはないのですが、
FXによって外貨を持ち続け、
円安になったときに円に買い戻すということと
あまり違わないように思うのです。
ならば、手数料などのコストが安いFXで取引した方が良いと思うのですが、
FXならロスカットなどのリスクがあるから
そういうリスクを背負いたくない方は
多少コストがかかっても外貨預金ということを選択するのでしょうかね。

--------------------------------------

15年ぶりの水準に到達した円高を背景にソニー銀行が外貨預金で攻勢をかけている。ソニー銀は5月から、米国の雇用統計発表日に外貨預金の手数料を10銭まで引き下げるキャンペーンを実施。口座開設や取引件数が通常の2倍に達する成果を上げている。その他のインターネット銀行でも同様の動きが拡大中で、日銀によると、7月末時点の銀行での外貨預金残高は過去最高を更新した。強い円をいかして資産運用しようという思惑がこれまで以上に膨らんでいるようだ。

(SankeiBiz - ‎2010年9月6日‎)
----------------------------------------

posted by ネット銀行を上手に使う at 16:52| ネット銀行関連ニュース