2010年06月29日

ソニー銀行が有人店舗開設へ

ネット専業銀行のソニー銀行が、
有人の店舗を開設するようですね。

ネット銀行間での競争が激しくなりつつあり、
業績が伸び悩んでいることから、
有人の店舗を持ち、
住宅ローンなのどの相談を受け付けたり、
口座開設も行えるようにするのだそうです。

ネット専業銀行といえば
店舗を持たないことで人件費や店舗建設費等、コストを抑えて、
その分を顧客へのサービスへ還元する
というところへ魅力を感じて顧客は口座を持つわけですから
有人店舗を多少持つことはいいとして、
多くの店舗開設によってコスト高となり
サービスが低下しないようにと、
ソニー銀行に口座を持つ私としては思います。

--------------------------------------------

営業窓口を持たない代わりにネット取引でコストを抑え、手数料の優遇などで利用者を獲得してきた「ソニー銀行」は、サービス競争が激しくなるなか、新たな顧客をつかもうと、一般の銀行と同じように担当者が窓口で直接相談に応じる店舗を開設しました。

「ソニー銀行」が作ったのは、担当者が顧客と直接対面しながら金融商品の相談などに応じる有人型の店舗です。インターネット取引の「ソニー銀行」が有人型の店舗を設けるのは初めてで、10人の行員が住宅ローンの相談などに応じるほか、預金口座の開設の手続きもできます。インターネット専業のいわゆる「ネット系」の銀行や証券会社は、インターネットの普及に伴っておよそ10年前に相次いで開業しました。店舗を持たないことでコストを抑え、その分、手数料や金利の優遇などで利用者を獲得してきましたが、景気の低迷に加え、サービス競争も激しくなって、業績は伸び悩んでいます。「ソニー銀行」は、新しい店舗を通じてインターネットだけでは把握できなかった新たな顧客をつかみたいとしています。石井茂社長は「相談できる場所を作ることで銀行への信頼感を高め、業績につなげたい」と話しています。

(NHK - ‎2010年6月23日‎)
---------------------------------------------------


posted by ネット銀行を上手に使う at 15:56| ネット銀行関連ニュース

2010年06月14日

住信SBIネット銀行が円定期預金に特別金利

後発ながら口座数を順調に伸ばしている
住信SBIネット銀行が、
ボーナス時期に合わせて
円による定期預金に特別金利を適用する
キャンペーンを行うようです。

銀行の金利は低金利がずうっと続いている中、
少しでも高い金利を求めて
金利の良い銀行へお金を預け変えする人が多いようですから
このようなキャンペーンを喜ぶ方も多いのでは。

おそらく0.1%か0.2%高いだけなのだと思いますが
大きなお金を預ける人は0.1%でもやはり大きな違いなのでしょうね。

-------------------------------------------

 住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中嘉一、以下「住信SBIネット銀行」という)は、平成22年6月14日(月)からボーナス資金等の有効な運用先として選択いただけるよう、預入期間「1年」「3年」「5年」の円定期預金に特別金利を適用するキャンペーンを実施します。


【キャンペーン概要】
 ・円定期預金 特別金利キャンペーン
  1.キャンペーン期間
   平成22年6月14日(月)〜平成22年9月30日(木)お預入れ手続き完了分まで

  2.対象となるお客さま
   個人のお客さま

  3.対象となる商品およびキャンペーン金利
   (1)円定期預金 1年もの
     金利年0.5%(税引前、税引後は年0.4%、お一人さまにつき1,000万円まで)
   (2)円定期預金 3年もの
     金利年0.6%(税引前、税引後は年0.48%、預入れ上限なし)
   (3)円定期預金 5年もの
     金利年0.7%(税引前、税引後は年0.56%、預入れ上限なし)

(日本経済新聞 - ‎2010年6月10日‎)
----------------------------------------------------

posted by ネット銀行を上手に使う at 15:17| ネット銀行関連ニュース

2010年06月01日

じぶん銀行口座数が100万を超える

KDDIと三菱東京UFJ銀行が携帯から利用する銀行
「じぶん銀行」を2007年に開業しましたが、
5月に口座数が100万を超えたようです。

私はネット銀行を利用しているので
あまりじぶん銀行を注目していなかったのですが
着々と口座数は増えていたのですね。

ちなみにKDDIが設立に参加しているじぶん銀行ですが、
auだけでなく、NTTドコモでもソフトバンクのユーザーでも
口座を開設することがてきます。

------------------------------------------

じぶん銀行は5月24日、同社の口座数が5月23日に100万を突破したことを発表した。

 じぶん銀行は、普通預金口座を開設し、携帯番号を用いた振り込みや残高照会、定期預金などができるネット銀行。au、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル向けに提供されている。2008年7月にKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同で設立し、2009年4月に50万口座を突破した。開業から2年未満での100万口座達成は、ネット専用銀行では最速。ちなみに、このほかのネット銀行では、ジャパンネット銀行が5年目、楽天銀行が4年目で100万口座を達成している。

 じぶん銀行によると、主なユーザー層は20〜30台で、男女比は半々。ケータイからの利用率が9割と高いのも特徴だ。キャリア別ではauが6割強、ドコモとソフトバンクが4割弱となっている。現在、同社はau向けに「じぶん通帳」アプリを提供している。今後はドコモやソフトバンク向け、そしてiPhoneやAndroid端末をはじめとするスマートフォン向けアプリの提供も期待される。

(ITmedia - ‎2010年5月24日‎)
-----------------------------------------------

posted by ネット銀行を上手に使う at 15:46| ネット銀行関連ニュース